アクセシビリティ

情報保障について

今回の大会では、ろうのスタッフも多いため、基本的にすべての場所において手話通訳と文字通訳を用意しております。
全体会(開会式、記念講演)では、ろう通訳とパソコンノートテイクによる字幕提示を行います。
授業研究分科会、研究協議分科会では、すべての分科会に手話通訳を配置しています。文字情報は音声認識ソフトUDトークで提示いたします。
研究協議分科会で発表を予定されている参加者の皆様には、情報保障を必要としている参加者への事前配布及び通訳者への資料送付のため、前もって発表原稿を事務局へ提出していただきます。
ヒアリングループ等その他の情報保障については、参加者ページより参加申込とあわせて申し込むことができます。
なお、大会開催日直近に情報保障を申し込まれた場合、ご希望通りの対応ができない可能性がございます。予め御了承ください。

発表補助、移動介助等その他の支援について

支援を希望される方に対し、発表補助(パワーポイントの操作等)、 移動介助等を担当するスタッフを配置いたします。
個別に対応いたしますので、会員ページからの参加申込時に、備考欄等にその旨をご記入ください。
大会事務局の担当者より所属校にメール等にて連絡いたします。
なお、大会開催日直近に申し込まれた場合、ご希望に添えなくなる可能性がございます。最低一週間前までには連絡いただだけますようご協力をお願い致します