新着情報

2020/11/26  専攻科授業研究所分科会の事後動画配信を開始しました。

2020/11/20  助言者資料に小学部授業研究分科会の長南先生の資料を追加しました。
        幼稚部の回答動画を事後配信動画のページと一緒に掲載しなおしました。

2020/11.19  分科会動画の事後配信を掲載しました。参加者メニューから入ってご覧ください。

2020/11.10  分科会助言者の資料を掲載しました。参加者メニューから入ってご覧ください。
        幼稚部授業研究分科会に対しての質問への回答動画を掲載しました。

2020/10/19  分科会ダイジェスト動画を19日より配信予定でしたが、準備に時間がかかっています。しばらくお待ちください。

2020/10/12  「記念講演動画」の配信を開始しました。参加者メニューから入ってご覧ください。
大会に関するアンケートを実施しています。ご協力をお願いいたします。

2020/10/09  全日聾研埼玉大会の日程を終了いたしました。たくさんの皆様にご参加いただきまして本当にありがとうございました。

2020/10/06  大会要項の修正版を掲載しました。最新版はこちらから

2020/10/02  大会要項 を掲載しました。こちら からご覧ください。

2020/09/28  全国聾学校合奏コンクールの動画を掲載しました。参加者メニューからご覧ください。

2020/09/24  大会通信第5号(最終号)を、参加者メニュー内に掲載しました。

2020/09/23  授業研究分科会の動画を公開しました。各校長宛に閲覧用のパスワードを配信しました。

2020/09/23  大会挨拶・祝辞、島根大会紹介のページを公開しました。

2020/09/20  「研究集録(訂正版)」、「研究のまとめ」、「指導案集」を参加者メニュー内に掲載しました。

2020/09/18  大会の参加申し込みは8月31日で締め切りました。今後の受け付けはできませんのでご了承ください。
最終の参加者状況は、こちらからご覧ください。

2020/09/18  Zoomのアップデートについて
Zoomに新しい機能が加わりました。参加者の皆様には、Zoomを最新の状態にしていただければと思います。
アップデートの方法は、こちらをご覧ください。

2020/09/08  「研究集録」を参加者ページにアップしました。ダウンロードしパスワードを入力していただくとご覧いただけます。パスワードは別途参加者に送付いたしましたのでご確認ください。

2020/09/07  授業研究分科会の発表動画を公開しました。参加者メニューに入ってご覧下さい。

2020/09/04  研究協議分科会の発表動画を見るために必要なパスワードをEメールで発送いたしました。
(分科会登録されていない、もしくは未定の方には、発送しておりませんのでご了解ください)

2020/09/02  最新版の案内チラシを掲載しました。こちらからご覧ください。

2020/08/31   大会通信第4号を、参加者メニュー内に掲載しました。ログインしてご覧ください。
同時に「Zoomの使い方説明動画」もアップしました。

2020/08/04 「動画ファイル(授業動画、発表動画等)を見る方法」について参加者メニュー内に掲載しました。実際にデモンストレーション用のビデオ動画を見ることができます。

2020/07/31  大会通信第3号を、参加者メニュー内に掲載しました。ログインしてご覧ください。
同時に、「Zoom視聴機器台数の調査について」「中学部・高等部授業研究分科会に参加される先生方へ(お願い)」について掲載しました。

2020/07/08  参加者が1200人を超えました。たくさんのお申込みありがとうございます。
 分科会ごとの申し込み状況は、こちらからご覧ください。

2020/07/02  研究発表の募集期間の延長について
 研究協議分科会の早期教育Ⅱ(幼稚部)、教科学習(中・高理系)、言語力向上、自立活動Ⅱ(聴覚活用、発音・発語指導、補聴機器)、重複障害教育、寄宿舎教育、キャリア教育・卒業後の進路、発達障害を併せ有する聴覚障害児に対する支援、につきましては、募集期間を7月19日まで延長いたします。お申し込みをお待ちしています。

2020/06/26  大会通信 第2号改訂版を掲載しました。
 下の分科会日時の変更を反映させました。下のリンクからダウンロードしてください。
        大会通信 第2号改訂版

2020/06/23   分科会日時の変更について
以下のように分科会の日時を変更いたしたいと思いますので、ご了解ください。
〇授業研究分科会
 専攻科分科会   10月8日(木)15:30~17:00  →  10月8日(木)10:30~12:00
 寄宿舎分科会   10月8日(木)15:30~17:00  →  10月9日(金) 10:30~12:00

〇研究協議分科会
 寄宿舎教育    10月8日(木)13:00~15:00  →   10月9日(金)13:00~15:00

ビデオ会議システムを試行する中で、運用を円滑に行うためには開催校の回線の負担を減らすことが必要だと考えました。
そのために同時開催分科会数を減らす方向で調整させていただきました。すでに参加申し込みをされている方にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。
お手数をおかけいたしますが、もし変更に伴って参加の有無に変更がある場合は、参加者メニューの入力内容を変更していただきますようお願いいたします。

2020/06/12  よくある質問のページを掲載しました。

2020/06/11  研究協議分科会の申込方法について
 研究協議分科会が1日目7分科会、2日目7分科会と分散しました。
 両日とも参加されたい方は、申込みの入力画面では1つしか選べませんが、2つ目の希望する分科会を備考欄にお書きください。

2020/06/05  大会申込みを開始しました。参加者メニューからお申込みください。

2020/06/05  ICT環境調査のお願い。
 メールでもお願いしているところですが、所属所のICTの環境についての調査用紙に記入をお願いします。この調査は、動画配信やオンライン会議システムを活用したWeb会議を行う上で重要な情報であり、その結果を元に所属所のICT環境の実態に合わせたICTの機器使用方法を提案したいと考えています。
 お手数おかけしますが、6月26日(金)必着でFAXまたはメールで回答してください。ご理解とご協力をよろ
しくお願いします。調査用紙は下のリンクからもダウンロードできます。
ICT環境調査用紙

2020/06/03  大会通信 第2号を掲載しました。下のリンクからダウンロードしてください。
                   大会通信 第2号

2020/06/03  開催方法の変更点

(1)埼玉大会は、Web会議システムを利用して開催し、参加者を埼玉会場参集形態から、所属校において参加できる 形態に変更します。各都道府県のICT環境状況を把握した上で、配信方法については改善を重ねていきます。
(2)より多くの会員が参加できるよう、全国聾学校の校長先生方の協力を得て、在勤公署における校内研修と兼ねるなどの体制を整備して実施します。
(3)記念講演や授業公開は、ライブ配信やオンデマンド配信等で提供します。
(4)Web会議システムは、「Zoom」「YouTube」配信等を予定しています。Web会議システムを利用した大会参加方法の詳細につきましては、大会通信次号にてお知らせします。併せて在勤公署での可能な受信環境等を大会事務局で把握し、問題点を関係者の協力を得ながら解決していきます。
(5)指定授業は大会ホームページからダウンロードして事前に視聴できるようにします。ダウンロードにあたっては、個人情報の取扱いを徹底するため、ファイルにはダブルセキュリティをかけます。なお、公開授業も同様の形式で視聴できるように準備します。
(6)授業研究分科会はWeb会議システムを利用し、質疑応答や意見交換ができるようにします。助言者は、原則とし
て指定授業が行われた会場から参加します。
(7)研究協議分科会の14分科会は、参加希望者の集計結果によって運営方法を変更する可能性があります。その運営は、大宮会場・坂戸会場を基点に実施し、助言者と参加者は所属校からWeb会議システムにて参加します。
(8)当日、不測の事態(自然災害や大規模停電等)により大宮会場・坂戸会場周辺インターネットが不通となった場合は、後日指導助言者の資料等のまとめを、所属校を通してメールにて配信します。
(9)緊急事態宣言の状況や休校措置等、諸事情により申し込みの追加またはキャンセルをする場合は、8月31日(月)
まで受付けます。

2020/06/03  開催方法を変更することについて 埼玉大会実行委員長 桑原 智子

新型コロナウイルス感染症の蔓延と拡大に伴い、学校生活は一変しました。臨時休業や外出自粛などの制限を受ける中、感染症の収束は長期戦を覚悟しなければなりません。埼玉県は非常事態宣言発出により特定警戒都道府県となり、密集・密接・密閉を回避しながら会員参集型で埼玉大会を開催することは困難な状況となりました。しかしながら「ピンチはチャンス」であり、三密を回避するために様々な角度から運営方法を検討した結果、動画配信やオンライン会議システムを活用したWeb会議に変更すれば、開催することが可能であるとの結論に至りました。
Web会議に変更することで、全国の会員が参加できるチャンスが増え、聾教育に携わる教員の学びと研究を力強く後押しすることができると確信しています。また、準備を進めてきた主管校においてICTへの理解が一気に深まっているように、埼玉大会を通して全国の聾学校におけるICTの活用が加速することを期待しています。
そのためには、全国聾学校の校長先生方をはじめとする会員のみなさまのご理解と、各校の校内研修などにおける協力体制の構築が不可欠となります。大会開催日までの間、各関係機関や会員の方々からの様々なご意見に耳を傾けながら改善を重ねて準備してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

2020/05/19  全日聾研埼玉大会の開催方法の変更について

 4月1日の段階では、通常開催を模索しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の収束は、長期にわたる見通しとなってきたことを踏まえ、現在は、埼玉県に会員が参集する形の通常開催ではなく、インターネットを活用したオンラインでのweb開催を検討しているところです。
 詳細については、近く配布予定の大会通信第2号に掲載する予定ですので、今暫くお待ちください。

2020/04/01  新型コロナウイルスへの対応について

 「第54回全日本聾教育研究大会(埼玉大会)」は,予定通りに開催する方向で計画を進めております。(4月1日現在)
ただし,新型コロナウイルス感染拡大等の情勢の悪化や国や各自治体の指示・要請によっては,開催方法を変更せざるを得ない状況が生じる可能性も考えられます。
今後,事務局から各地区研や全日聾研ホームページを通して大会に関しての情報をお伝えして参りますが,それらの情報を注視した上で参加のご準備を進めていただきたくお願いいたします。

2020/02/15   大会通信 第1号 を掲載しました。

2020/02/13  大会参加予備調査を開始いたしました。

 「参加者メニュー」より入力をお願いします。                                 参加予定を3月6日(金)までにご入力ください。                                 入力方法に関しては、こちらの予備調査入力マニュアルをご覧ください。

2020/02/07  大会ホームページを開設しました。