新着情報

2020/06/05  大会申込みを開始しました。参加者メニューからお申込みください。

2020/06/05  ICT環境調査のお願い。
 メールでもお願いしているところですが、所属所のICTの環境についての調査用紙に記入をお願いします。この調査は、動画配信やオンライン会議システムを活用したWeb会議を行う上で重要な情報であり、その結果を元に所属所のICT環境の実態に合わせたICTの機器使用方法を提案したいと考えています。
 お手数おかけしますが、6月26日(金)必着でFAXまたはメールで回答してください。ご理解とご協力をよろ
しくお願いします。調査用紙は下のリンクからもダウンロードできます。
ICT環境調査用紙

2020/06/03  大会通信 第2号を掲載しました。下のリンクからダウンロードしてください。
                   大会通信 第2号

2020/06/03  開催方法の変更点

(1)埼玉大会は、Web会議システムを利用して開催し、参加者を埼玉会場参集形態から、所属校において参加できる 形態に変更します。各都道府県のICT環境状況を把握した上で、配信方法については改善を重ねていきます。
(2)より多くの会員が参加できるよう、全国聾学校の校長先生方の協力を得て、在勤公署における校内研修と兼ねるなどの体制を整備して実施します。
(3)記念講演や授業公開は、ライブ配信やオンデマンド配信等で提供します。
(4)Web会議システムは、「Zoom」「YouTube」配信等を予定しています。Web会議システムを利用した大会参加方法の詳細につきましては、大会通信次号にてお知らせします。併せて在勤公署での可能な受信環境等を大会事務局で把握し、問題点を関係者の協力を得ながら解決していきます。
(5)指定授業は大会ホームページからダウンロードして事前に視聴できるようにします。ダウンロードにあたっては、個人情報の取扱いを徹底するため、ファイルにはダブルセキュリティをかけます。なお、公開授業も同様の形式で視聴できるように準備します。
(6)授業研究分科会はWeb会議システムを利用し、質疑応答や意見交換ができるようにします。助言者は、原則とし
て指定授業が行われた会場から参加します。
(7)研究協議分科会の14分科会は、参加希望者の集計結果によって運営方法を変更する可能性があります。その運営は、大宮会場・坂戸会場を基点に実施し、助言者と参加者は所属校からWeb会議システムにて参加します。
(8)当日、不測の事態(自然災害や大規模停電等)により大宮会場・坂戸会場周辺インターネットが不通となった場合は、後日指導助言者の資料等のまとめを、所属校を通してメールにて配信します。
(9)緊急事態宣言の状況や休校措置等、諸事情により申し込みの追加またはキャンセルをする場合は、8月31日(月)
まで受付けます。

2020/06/03  開催方法を変更することについて 埼玉大会実行委員長 桑原 智子

新型コロナウイルス感染症の蔓延と拡大に伴い、学校生活は一変しました。臨時休業や外出自粛などの制限を受ける中、感染症の収束は長期戦を覚悟しなければなりません。埼玉県は非常事態宣言発出により特定警戒都道府県となり、密集・密接・密閉を回避しながら会員参集型で埼玉大会を開催することは困難な状況となりました。しかしながら「ピンチはチャンス」であり、三密を回避するために様々な角度から運営方法を検討した結果、動画配信やオンライン会議システムを活用したWeb会議に変更すれば、開催することが可能であるとの結論に至りました。
Web会議に変更することで、全国の会員が参加できるチャンスが増え、聾教育に携わる教員の学びと研究を力強く後押しすることができると確信しています。また、準備を進めてきた主管校においてICTへの理解が一気に深まっているように、埼玉大会を通して全国の聾学校におけるICTの活用が加速することを期待しています。
そのためには、全国聾学校の校長先生方をはじめとする会員のみなさまのご理解と、各校の校内研修などにおける協力体制の構築が不可欠となります。大会開催日までの間、各関係機関や会員の方々からの様々なご意見に耳を傾けながら改善を重ねて準備してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

2020/05/19  全日聾研埼玉大会の開催方法の変更について

 4月1日の段階では、通常開催を模索しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の収束は、長期にわたる見通しとなってきたことを踏まえ、現在は、埼玉県に会員が参集する形の通常開催ではなく、インターネットを活用したオンラインでのweb開催を検討しているところです。
 詳細については、近く配布予定の大会通信第2号に掲載する予定ですので、今暫くお待ちください。

2020/04/01  新型コロナウイルスへの対応について

 「第54回全日本聾教育研究大会(埼玉大会)」は,予定通りに開催する方向で計画を進めております。(4月1日現在)
ただし,新型コロナウイルス感染拡大等の情勢の悪化や国や各自治体の指示・要請によっては,開催方法を変更せざるを得ない状況が生じる可能性も考えられます。
今後,事務局から各地区研や全日聾研ホームページを通して大会に関しての情報をお伝えして参りますが,それらの情報を注視した上で参加のご準備を進めていただきたくお願いいたします。

2020/02/15   大会通信 第1号 を掲載しました。

2020/02/13  大会参加予備調査を開始いたしました。

 「参加者メニュー」より入力をお願いします。                                 参加予定を3月6日(金)までにご入力ください。                                 入力方法に関しては、こちらの予備調査入力マニュアルをご覧ください。

2020/02/07  大会ホームページを開設しました。